筋膜リリース進捗報告 その1

NO IMAGE

たぶん、続くであろうからタイトルはその1にしました。

 

 

まずは結論から。

 

 

フォームローラーだけでは筋膜リリースできませんでした。

 

 

なぜそう言えるのかというと、ローラーでは痛みをあまり感じなくなってきた箇所をテニスボールやゴルフボールで押すと猛烈に痛いから。

 

特に、臀部や骨盤周囲。

 

フォームローラーでは圧が分散してしまうのでボールのほうがピンポイントで圧をかけられるということなんだと思います。

 

 

フォームローラーが悪いというよりは、箇所によって器具を使い分ける必要があるということだと思っています。

 

 

僕は近所のスポーツ用品店でバラ売りされていたテニスボールが安かったので使っていますが、やはり耐久性に問題がありそうなので筋膜リリース用のボールを使ったほうがよさそう。

 

 

筋膜リリースに関しては僕は6名のグループで同じ時期に筋膜リリースを開始し、進捗や器具などの情報交換をしているのですが、臀部や足裏は耐久性と転がして痛みを感じる”スポット”を探すという点はテニスボールなどよりは専門の器具のほうが使いやすいそうです。

 

 

他の方もまだ筋膜リリースが終わった感触が全くないと言っていました。

 

 

片足に全体重を乗せてゴルフボールを足裏で踏める日が僕にも来るのだろうか・・・。

 

 

現在はテニスボールを使っていますが、「ノットアウト/KnotOut」というボールが2つくっついた形状のハードタイプが良いと紹介してもらったので買ってみようと思います(まだ買っていないので画像がありませんが、気になる方は楽天アマゾンで検索してみてください。結構高い・・・。)

 

テニスボールを使った筋膜リリースのやり方

 

 


テニスボールを使ったお尻周りの筋膜リリース

 

動画ではポイントを探して20秒となっていますが、僕は90秒以上圧をかけ続けるやり方です。

 

それと実践していて大事だなと思ったのは”呼吸”をすること。

 

 

痛みが強いと顔をしかめて、歯を食いしばるようにしてしまいますが、できるだけ身体をこわばらせずにしっかりと呼吸をしながら圧をかけること。

 

 

多分、顔をしかめて力むと身体が強張ってしまい、筋膜リリースをしている意味がなくなってしまうのではないかなと個人的に感じました。

 

痛みをこらえるために身体に力をいれる身体と思いますが、翌日腹筋が筋肉痛になった人もいます笑。

 

ゴルフボールで足底筋膜をリリース

 

ゴルフボールを使った足裏の筋膜リリースのやり方は足底筋膜をリリースします。

 

足つぼマッサージのようにゴルフボールで足の裏をグリグリするだけなんですが、下の図の場所を意識して痛みが出る場所を探してリリースをしています。

 

f:id:yamakraffty:20170725193654p:plain

 

僕は痛みが出る場所をとにかく押す方法でリリースをしていますが、美脚になるための本にもゴルフボールを使った足裏のマッサージ方法が紹介されていました。

 

やりかたは上の図のようにカカトから親指の付け根、中指、小指の方向にゴルフボールを動かす(必ずカカトから足先の一方通行。往復しない)という方法が紹介されていました。

 

疲労物質を指先に流すという表現で説明していましたが、足底腱膜は踵から指先に向かって伸びる放射上の筋膜なので、この矢印の通りにゴルフボールを動かせば足底腱膜に沿って動かすことになるのでやっていることは同じだと思います。

 

ただ、どちらの方法もめちゃくちゃ痛いです。

 

かかとから指先に流す方法でやると、ゴリゴリというだけでなくブチブチという音がしているような感覚にすらなります。

 

 

一箇所を押すより流したほうが痛みはすくないですが、流す方法は1回3分程度を推奨していますので、それなりの回数カカトから指先に向けてボールを動かしてください。

 

終わると足裏が指先までかなり温まるので、オフィスで足先が冷たくなったらボールを指先まで流してあげれば、冷え性対策+筋膜リリースができてお得かも。

 

ただし、痛すぎて顔が歪むこと必至なので、同僚や上司にバレずにやるのは多分無理です笑