ラニカイピルボックストレイルは絶対に行くべき

NO IMAGE

f:id:yamakraffty:20160627175610j:plain

 

ラニカイビーチまで行くなら絶対に行くべき場所

 

梅雨の日本を抜けだして少し早い夏休みをハワイで過ごして来ました。

 

前半はカイルアに滞在し、後半はオアフで。

 

ハワイでは基本的に何もしません。

 

ホテルとビーチとプールでほぼ過ごすという完全なだらけモードで過ごします。

 

 

滞在するホテルはキッチン付きを選び、食事は朝と昼は外食し夜はホテルで買ってきたものをゆっくりとビールを飲みながら食べるのが好きなです。

 

 

朝食はカフェなど何軒かあるお気に入りの場所に行くことが多いですが、昼食だけはまだ行ったことがない店を開拓することが多いですね。

 

 

レンタカーは左ハンドルに慣れることができず怖いので使わず、移動は徒歩かTHE BUSとトロリーを使って行動しています。

 

 

そんな僕が今回唯一ハワイで活発に行動したことの1つがラニカイハイキングです。(ちなみにもう一つはカカアコのグラフィティアートを見るためにあるきまくったことです)

 

いや~感動しました。

 

カイルアではほとんどの日本人がレンタルサイクルを使っているんじゃないかというぐらい多くの人が利用しているんですが、自転車使えばカイルアのタウンからも10分あればハイキング入り口まで着くのでおすすめです。

 

 

後述しますが、ぶっちゃけ5分ぐらい登れば最初の画像ほどの高度ではないのでパノラマ感が若干低いですが、十二分に綺麗なビーチの写真撮れるので頂上まで行かなくてもきれいな海の写真は撮れます。

 

 ラニカイピルボックストレイルとは

f:id:yamakraffty:20160627183543j:plain

 

ピルボックスというのは「トーチカ」のことです。(わかりづらくてすいません。上の画像でキッズが腰掛けているのがプルボックスの屋根です。写真では伝わらないけど落ちたら死ねる場所なので結構怖いっす)

 

頂上に2つ鉄筋コンクリートの建物があって、そこを目指して登るハイキングコースがラニカイピルボックストレイルです。

 

場所はラニカイビーチから5分ぐらい山側に歩いた場所から登り始めます。

 

ミッドパシフィックセンチュリーというゴルフ場のわきから昇り始めるのですが、グーグル・マップで「ラニカイ ピルボックストレイル」で探せば入り口はすぐにわかるはずです。

 

ゴルフ場を右手に見ながら途中小道に入るとこんな看板があります。

 

f:id:yamakraffty:20160627180955j:plain

 

で、ここが最大にして唯一の難所です。

 

トレイル開始地点はおもいっきり土なので雨が降ったあとはずるずるに滑って登るのは相当困難だと思われますし(多分むりじゃないかな)、結構な急勾配なのでビーサンで登ろうとすると滑るので危険だと思います。(途中足も痛くなると思います)

 

f:id:yamakraffty:20160627181022j:plain

 

ここを抜けるとあとはこんな感じのちょっとゴツゴツした山道を登るだけですが

f:id:yamakraffty:20160627181212j:plain

 

登っている最中も左手にずっと最初の画像のような海を見下ろしながら登るので、登っている最中つまらないということはないです。

 

 

ぶっちゃけ頂上までいかなくても最初の急勾配地点を上がっただけで、すぐにすげー綺麗な海の風景が見られるビューポイントに着くので、時間がないひとはそこで引き返してもOK(登る時間は5分ぐらいです)。

 

 

頂上まではゆっくりあがっても30分から40分ぐらい。

 

 

ただし、めちゃくちゃ日焼けするので日焼け対策は万全に。

 

 

絶対に油断せず日焼け対策をしてください、まじで死にます(体験済み)。

 

 

これでラニカイトレイルに関する情報は終了ですが、ぼくなりにハワイのお勧めをまとめました。

 

 

カイルアは買い物が楽しい

 

ラニカイビーチは数年前と比べると随分人が増えましたね~。

 

f:id:yamakraffty:20160627183814j:plain

 

ラニカイビーチといえば、ちょっとした小道を抜けていくとサラサラの白い砂浜に、最高に綺麗な海が待っているというシチュエーションです。

 

f:id:yamakraffty:20161026133533j:plain

 

相変わらずハワイでは最高のビーチひとつですが、僕は整備されたきれいな広い空間があるカイルアビーチのほうが好きです。

 

 

これは個人的な意見ですが、カイルアに滞在する時間が短い場合はブーツアンドキモズはすっ飛ばしてビーチにいくか、「ダウン・トゥ・アース」や「ホールフーズ」で買い物する時間を長く取ったほうがいいと思います。

 

 

キモズは平日でも開店前から並んでいる人がいるほど人気店で、ワイキキからバスツアーなどで10時頃に着く頃にはかなり混雑しているので入店まで時間がかかります。

 

 

「ダウン・トゥ・アース」はオーガニックの食材やサプリ、化粧品などが豊富ですのでそれ系が好きな人には最高に楽しいお店ですし、場所もキモズのすぐ近くなのでわかりやすいです。

 

 

デリで売っている食べ物も美味しいですし、トレーに好きなだけ入れてレジで会計するだけなので会計もシンプルで迷わず買えます。

 

 

またキモズがある通りはカフェやアパレルショップ、クレープの美味しいお店などたくさんのお店があるので歩くと楽しいですよ。

 

f:id:yamakraffty:20170129172609j:plain

 

 

多分カイルアタウンに行くのはお昼前後だと思うので、ランチをどこで食べるを考えると思いますが、食べたことがないなら一度はテディーズビガーバーガーをお勧めします。 

 

 

日本にも出店しているので珍しくはありませんが、僕は最初たべたときは正直美味しくてびっくりしたことを覚えています(安いです、ポテトとドリンクのセットで10ドル前後です)。

 

f:id:yamakraffty:20161026133922j:plain

 

カイルアビーチでよく見かけるのが時間がないからなのか、キモズのパンケーキをテイクアウトしてビーチで食べている人をみかけます。

 

このケースは正直おすすめできません。

 

 

カイルアビーチの風が強くないならいいかもしれませんが、風が吹いていると砂が直撃するのでかなり食べづらいく、ビーチが全然見えない公園の芝生で食べている人もいるぐらいですので、その日のコンディションを考えてテイクアウトするかを決めてください。

 

キモズからビーチまでは徒歩だと10分以上はかかりますので、パンケーキは冷めてしまいます。 

 

 

僕が滞在していた3日間はずっと風が強かったので、カイルアは風が強いというイメージが僕には強いです。

 

 カカアコのグラフィティアートは圧巻

 

f:id:yamakraffty:20160629122822j:plain

 

カカアコには画像のような感じの倉庫やオフィスの壁にアーティストが書いた様々な絵があちこちにあります。

 

 

この画像の場所だけに書かれているのではなく、あらゆる通りのどこを見渡しても絵が書かれているような状態で、歩いているだけでも楽しいです。

 

 

楽しいんですが、

 

 

何しろ広い。

 

 

レンタカーでびゅ~と回るのをおすすめします。

 

 

僕たちは歩いて周りましたが、日曜日だったため人通りがほとんどなく、少し不安になりましたが、危険な雰囲気はまったくないのでカップルなら問題は無いと思いますが、女性だけで行く場合日曜日は人気がないことだけ念頭に置いておいたほうがいいです。

 

 

カフェやクラフトビールが飲める店がありますが、基本は倉庫街のような感じなので、ふらっと訪れるには時間がもったいと感じる人もいるかもしれません。

 

 

場所はアラモアナショッピングセンターから歩いて15分以上はかかるので、アラモアナついでに行ってみようと地図を見ているだけだと軽く考えてしまうかもしれませんが、かなり歩きますので日焼け対策、水などは持っていたほうがいいです。

 

 

サンセットを見よう

 

f:id:yamakraffty:20161026134216j:plain

 

サンセットは僕はマジックアイランドで見るのが好きです。

 

アラモアナショッピングセンターの目の前のビーチですので、ワイキキからトロリーで簡単にアクセスできます。

 

サンセットというと日が暮れた後ビーチからの帰り道が怖いと考える人もいるかもしれませんが、マジックアイランドはサンセットを見に来ている人がたくさんいるので心配はいりません。

 

 

きれいな公園ですし、開けた場所なので女性だけで行っても問題は無いと思います。

 

 

マジックアイランドは結婚式の写真を撮る定番スポットの1つなのでサンセット時間でもウエディングドレスで写真を撮っているカップルもいるような場所です。

 

最後に旅の終わりをきれいに締めくくるための注意点です。

 

 今回も御札が入れられていた

f:id:yamakraffty:20160629122139j:plain

 

この紙がスーツケースの中に入ってました、2年連続で・・・。

 

これTASというセキュリティ機関があなたのバゲージの中身をチェックしましたよ~というお知らせです。

 

 

え~、この機関はかなり上から目線でして、TSAは法律によってスーツケースの中身をチェックすることができる、ランダムでバッグを検査する、TSAロック以外の施錠でロックされていた場合は強制的にロックを外します(ようは壊す)、などと書かれています。

 

 

人によっては綺麗に梱包していたはずの荷物がぐちゃぐちゃになっていたり、入れたあった場所が変わっていたり、バンドや封が切られてしまったりと色々あるみたいですが、僕はぐちゃぐちゃにされたという印象もないし、何かを開けられた形跡もありませんでした。

 

 

綺麗に梱包したおみやげがびりびりに破られていたりすると非常にがっかりするかもしれませんが、最後の最後に検察官がバッグを開ける可能性は誰にでもあります。

 

 

中身が完全に見えないとか、危険物と間違われる可能性のあるものなどがないか、など旅先で帰りの梱包をするときに少し気を使ったほうがいいと思います。

 

 

旅の最後に嫌な思い出が残ると、人間の記憶上その旅の満足度は急激に下がります(ピークエンドの法則ってやつです)ので、中身をランダムチェックされる可能性があることだけは頭に入れておきましょう。