腸内環境を整えるために即効性を求めてサプリを試す

トレーニングでかっこいいカラダを作るために栄養の摂取は重要ですよね。

 

またダイエットを頑張っている人は摂取カロリーを減らすので、より効率よく少ない摂取カロリーの中から必要な栄養を摂取しなければいけないので何をどれだけ食べるのかは重要です。

 

 

 

食べるという行為には栄養の吸収・排泄という行為もセットです。

 

 

たとえどれだけサプリや食事から必要な栄養を摂取したとしても身体が吸収してくれず排泄してしまっては意味がありませんよね。

 

 

身体が栄養を吸収する上で考えなければならないのは「腸内環境」の整備です。

 

 

腸内環境の整備=菌の摂取

 

 

僕は専門家ではないのであくまでもざっくりとした理解の上で腸内環境を整備するために自己判断でサプリを使っています。

 

 

腸内環境の整備とは「善玉でも悪玉でもない日和見菌を善玉化させるために菌を与えること」と考えています。

 

もう一つ大切なこととして菌の餌となるものを摂取していくかも大事なんですが、サプリにはオリゴ糖など餌となる成分も含まれていることが多いので菌を与えることをメインに考えます。

 

「菌を増やす」といっても腸内細菌群はあまりにも数が多く、何がどのくらいいるのかは人によって異なるそうなので、菌を与えるといっても自分にとって何がよいかは試してみないとわからない

 

 

菌には相性もあるようなので、組み合わせ次第で良い影響がでるか悪い影響がでるのかも試してみないとわからない。

 

1この種類を大量に摂っても意味があるかどうかはわからないので、自分にいまできる範囲で大量に多様な菌を摂取することを目指します。

 

 

目安となる菌の量はサプリのサイトなどを読むと書かれていることがありますが、腸内細菌層が大体100兆個いると言われており、効果を出すための目安はそのうちの1%である1兆個を1日に摂取すると良いそうです。

 

ヨーグルトは多くて200mlの1カップで100億から200億程度だそうですので、1日100個食べなくてはならない量なので、サプリを飲まないとこの量の菌を摂取することは不可能です。

 

サプリに関しては飲んでみないと効果はわからないので、ちょっと探せばすぐに1兆個、2兆個の乳酸菌が入っているサプリは見つかります。

 

そのサプリで菌の数を稼ぐのは良いかもしれませんが、理想的には1000億×10で1兆の方が効果がある可能性が高いそうです。

 

 

ただし、これはあくまでもコストとの兼ね合いになったしまうので、できる範囲でやってみたら良いと言われたので僕にできる範囲で試して見ることにしました。

 

 

僕は自分の身体でたくさんの乳酸菌を試した人から教えてもらったサプリのうち、近所の薬局でも簡単に手に入るものからとりあえず試してみます。

 

f:id:yamakraffty:20170713221435j:plain

 

強力わかもとです。

 

 

 

この後ろのサプリも一応乳酸菌系のサプリで、もう一つ大量に(兆単位です)乳酸菌が摂取できるサプリを通販で頼んでいるので、とりあえず3種類の乳酸菌サプリ+ヨーグルトで腸内環境の整備を開始します。

 

追記:プロテサンRも購入

f:id:yamakraffty:20170717123507j:plain

 

アマゾンで注文したんですが、いま話題になっているデリバリプロバイダーが配送してくれたんですが、いつもより発送までに時間がかかりました。

 

このサプリは1包で菌1兆個を摂取できます。

 

粉末で無味無臭、45包入で一日1~3包を飲むので半月から1ヶ月弱分の容量です。

 

飲みやすくはないけど、水で普通に流し込めるのでまったく問題はなし。

 

まだのみはじめて3日ほどしか経っていいないので体感できる効果はありませんが、1週間後とか2週間後にまた経過をレポートします。

 

サプリというと副作用が気になるけど

サプリを大量に飲むと聞くと気になるのが副作用ですよね。

 

乳酸菌とはいえ大量に飲んだらなんらかの悪い反応が身体に起きるのではないか?この疑問は僕も当然感じました。

 

 

僕の聞いた範囲の話しでは、特定のサプリを飲むと毎回胃が痛くなったりすることがあるそうですが、サプリは医薬品ではないので飲むのを止めれば悪い反応も無くなるそうです。

 

 

腸内環境が良くなるとどんな効果があるのか

当然体感する効果は人のよるのですが、僕が聞いた効果や試してみた仲間の話では便通は確実に良くなる(色や匂いも変わる)。

 

疲れにくくなり、消化もよくなる。

 

例えば夜肉を食うと必ず持たれる人の場合、腸内環境が整っていればもたれなくなる。

 

自分が苦手な食材をあえて食べることによって効果を体感することができるかもしれない。

 

 

というわけで今後は腸内環境を整備して摂取した栄養素のエネルギーをしっかりと身体に吸収させ、排泄するときに無駄なエネルギーのロスを減らし、免疫を高めて毒素を身体から抜くということを目標に実験的にサプリを試していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です