風邪を引いたら筋トレは休むべきか?

f:id:yamakraffty:20161125110558j:plain

 

風邪ひきました。

 

先週の木曜日朝から喉が痛かったので嫌な予感がしたのですが、友人と会うためにほとんど乗らない車を使ったこともあり薄着で外出した結果、見事に風邪をひきました。

 

 

何かをしようと思えばできるが、休息静養が大事かなと思い、寝て過ごしましたが数日後病院に行ってからは症状が改善に向い、気力も回復してきたので筋トレを再開しようと思ったところで考えました。

 

「筋トレってどのくらい休むと問題あるんだろう??」

 

“風邪を引いたら筋トレは休むべきか?” の続きを読む

シャカシャカトレーニングが必要な人もいる

f:id:yamakraffty:20161109173349j:plain

 

 

ちょっと前になりますが、はてなブログでたくさんブックマークがついた筋肉系の話題がありました。

 

 

 

あるブログが仮想敵をわかりやすく具体的に設定し、こっち側とあっち側に完全にわけて自分の主張を述べたという王道の展開でしたが、やっぱりこれ効果あります。

 

 

あるブログの記事を引用し、その内容をこき下ろし、正しいのはこっちという流れの作り方や「筋トレやったことがないやつが書く筋トレブログ」という仮想敵を登場させる文章の流れは見事だな~と思いました。

 

 

 

ただ個人的には最初から「筋トレやったことがないやつが書く筋トレブログ」という仮想敵についての自分の意見を書いて、具体的なブログをわざわざ画像付きで紹介しなくても良いのではないかな~と思いました。

 

 

まあそんな僕の感想はどうでも良いので本題にいきます。

 

 

以下、引用されたブログを含む仮想敵側を「シャカシャカ」、引用した側を「マッチョ」とよぶことにします。

 

 

今回話題になったマッチョのブログ冒頭には、シャカシャカブログがトレーニングの様子をGIFにして貼り付けていた画像をまんま転載し、その画像のトレーニングフォームがめちゃくちゃだという批判から始まります。

 

 

その後にマッチョが貼り付けた正しいフォームと見比べると確かに動かし方は全然違う。

 

僕は専門家ではないのでどちらが正しいのかはわかりません。

 

 

僕はそのトレーニングを実践したことがなく何も知らないのでまずそのトレーニングについてしらべました。

 

 

調べた結果マッチョとシャカシャカどちらが正しかったのかについて僕なりの結論を出すことができました。

 

 

結論はでたんですが、調べてわかった事実が重要なのではなく、何か新しい情報に触れたら、鵜呑みにせずに調べることが大事なんです。

 

自分は何をしているのか(したいのか)を知る 

f:id:yamakraffty:20161109173534j:plain

 

自己流で始めてほんの小さな結果はでるが、それに満足してしまいそれ以上の効果が出ない,もしくはまったく結果がでないのでつまらくて辞める、この展開をさけるためには自分が行っている行動が本当に正しいのか、常に自分の行動を振り返り、アップデートし、昨日よりも今日を少しでも良くする努力をしなければいけません。

 

 

基本となるのはネットや本などから得る新しい知識や情報だと思いますが、たとえ一番最初に触れた情報が専門家のものだったとしても、その情報をそのまま鵜呑みにせずに別の意見がないかも探してみましょう。

 

 

 

 

数パターンぐらいの意見や情報の中から今の自分に最も適していると思われるものを選んで採用するのが良いと僕は思っていますし、たとえ採用できるよう情報が見つけられなかったとしても、1つの問題に対して複数の異なる意見や情報を見つけることはとても大切です。

 

 

ただし、何か新しいことを始めようと思ったとき、始める前から調べるべきか、始めてから調べるべきかについては意見が別れるかもしれません。 

 

何かを始めるという自由 

f:id:yamakraffty:20161109173627j:plain

 

僕たちは新しいことを始めるときには論理的な理由もなく始めることが多い。

 

 

つまり、「なんとなく」とか「とりあえずやってみっか」程度の思いつきで何かを始めます。

 

 

このこと自体が悪いとは僕は思っていません。

 

 

僕はシャカシャカトレーニングから始めて、やってるわりには効果があまりないなと思ってはいましたが、整体師から助言をもらってトレーニングメニューを見直し、マッチョな先輩方の動画やブログで筋肉や正しいトレーニングフォーム、各種栄養について勉強するまでシャカシャカに近いトレーニングをひたすらやり続けてました。

 

 

僕は運動をしているという状況に満足してしまい進歩が無かった。

 

 

見よう見まねとはいえ自分なりに筋肉について勉強し、それを実践してみたら、やっぱり以前のシャカシャカをしていた頃よりも筋肉が付いたという経験があります。

 

 

その上で言いますが、僕は運動を始めるという”きっかけ”に関しては、シャカシャカ方式でもマッチョ方式からでもどちらでも良いと思います。

 

 

最初からがっつり調べて何かを始めるべき派のマッチョ方式と、とりあえず始めてみるべき派シャカシャカ方式という構図で僕は2つのブログを理解したのですが、これに関してどちらが正しいということは無いと僕は思っています。

 

 

※注

いちおう補足ですが、マッチョ・シャカシャカそれぞれのブログには運動を始めるにはじっくり調べるべきだとか、とりあえずやってみようと書いてあるわけではありません。あくまでも僕が2つのブログを勝手に分類しています。

 

性格というかさぶた 

f:id:yamakraffty:20161109173759j:plain

 

先程何かを始めるきっかけはほとんどの場合「思いつき」と書きましたが、何かを始める際に調べるべきか、すぐにやってみるかどちらでもよいと書いた理由は、どのように物事に取り組むのかに関しては本人の性格というか、人生経験によると僕は考えているからです。

 

 

多分、始めるまえからしっかりと調べて正しい知識を身につけた上で実践を開始したほうが効果がでるのは速いでしょうし、それが正しい取り組み方なんだと思います。

 

 

しかし、とりあえず始める派の人に「最初から調べて正しいやり方を学んだほうが効率が良いので、そうする”べき”だ」と説得しても、「やってみなくちゃ何が正しいかわからない」「やりながら正しい方に修正したほうが良い」と反論されるか、最悪その行動自体をやめてしまう。

 

 

 

とりあえずやってみた派の人はそのやり方をしていても大きな失敗をしたことがないからとりあえずやるという方法論を取っているか、行動するまえにしっかりしらべて行動したにもかかわらず失敗した経験があるのかどちらかなのではないでしょうか。

 

  

 

自分の経験から作り上げた習慣を変えることは容易ではありません。

 

 

 自分にはどちらの傾向があるのかを知っておけばそれで充分だと思います。

 

 

最初から調べる派のヒトはやる前に調べて正しいと思ったことでも、やってみないとわからないことがあるはずなので知識のアップデートが必要かもしれません。

 

 

やってみる派のひとは自分が取り組んでいる内容が本当に初心者むけなのかとか、ただしい方法なのかを振り返りアップデートする必要があります。

 

 

 

最初に調べるのか、それとも始めて調べるべきなのか?について正解はないと思うと書きましたが、運動に関しては間違ったやり方をすれば怪我をするというリスクがあるため、最初に最低限の知識をもってから始めるべきだとは思います。

 

 

歩くという多くのヒトにとって当たり前に行っている動作でも、体のバランスが崩れているヒトは歩くだけで怪我をするリスクがあるそうです。

 

 

 

怪我をせずに運動をするためには整体に行って体のバランスを診てもらう、専門家に筋トレのフォームをチェックしてもらう、最適なメニューを組んでもらう、自分がトレーニングしている姿を動画に撮ってもらうということが必要なのかもしれません。

 

 

でもこれらのことを運動をなんとな~く始めてみよっかなと思ったすべてのヒトが実行するにはあまりにもハードルが高すぎる。

 

 

だからいきなり自己流で運動を始めるということを僕は否定しませんが、ただ歩くだけのように見えるウォーキングでも怪我をすることがあるので、痛みがもしでたら運動をするのはすぐに止めるということだけは覚えておきましょう。

 

 

筋トレをしていたら明らかに筋肉痛ではない痛みが出る場合、フォームが間違っていることが考えられますが、トレーニングを一旦止めて正しいフォームを調べてみましょう。

 

  

最初からトレーナーをつけるのが最もリスクがなく、効率も良いでしょうが、そうしなければいけないというわけでは決してありません。

 

 

やりたくなったときにやればいいんです。

 

 

やってみた結果少しでも楽しいとか興味がわいたら自分が今何をやっているのか、どんなことを目指しているのか、そのためには何が必要なのかを調べる時間は絶対に必要ですよということです。

 

 

何度も言いますが、調べるタイミングは自由です。

 

 

そしてもう一つ大事なことは情報を調べる際には必ず1つの視点だけで物事を判断しないように努力しましょう。

 

 

両極端なことが書かれている「シャカシャカ」と「マッチョ」は両方読んでこそ意味がある情報です。