筋トレするとわがままでイライラした孤独を愛する人になるのか?

f:id:yamakraffty:20160922141536j:plain

 

「人にしてもらいたいと思うことを人にしなさい。」

 

この言葉は、人に優しく・寛大で・協力的で・思いやりのある行動を取るための必要なことである(とされている)。

 

誰もが他人に優しく、共感力があり周囲から信頼される人間でありたいと思うが、脳科学の研究により人に共感をもたらし、社会的に協力する”優しい人間”になるためには”オキシトシン”という物質が大きく関係しているそうだ。

 

 

人間にはオキシトシンと対になる物質「テストステロン」があり、競争と共感のバランスをとることで人類は現在まで発展し続けている。

 

 

テストステロンによって筋肉の量が増え、骨の密度を高め、運動の能力を向上させる大事な働きを持っている一方で、ヒトを競争的にし、罰し、思いやりにブレーキをかけ、群れよりも孤独を愛する傾向を強めると言われている。

 

 

テストステロンは加齢やストレスが原因で減少するが、テストステロンを増やすためには、適切な栄養補給・筋トレ・適切な睡眠が必要とメンズヘルスクリニックのHPなどでも公開されている。

 

 

栄養補給や筋トレ後の充分な睡眠は筋トレによる筋肥大には欠かせない行動であるが、テストステロンが減少していく30代以降の男性が筋トレなどによる運動と食事で減少していくテストステロンを補うのは問題なさそうだが、20代の健康なテストステロンがたくさん分泌される年代の男子が筋トレをしてさらにテストステロンを増やしてしまった場合、テストステロンの悪い面である孤独を愛し攻撃的になり、共感力を失った最低の人間を筋トレは作ってしまうのだろうか?

 

“筋トレするとわがままでイライラした孤独を愛する人になるのか?” の続きを読む