ランニングシューズを買う

f:id:yamakraffty:20160726172808j:plain

 

 

もう10年ぐらいは履き続けているであろう、『NIKE FREE』がとうとう壊れたので新しいランニング用のシューズを買うことになりました。

 

 

ランニング用のシューズといっても何を選べばよいのか?そもそもランニングシューズでなければいけないのか?わからないことがたくさんあるので調べた結果を紹介します。

 

 

結論ですが、いくら調べても何がよいかは実際に履いてみなければ僕には何一つピンとこなかったので、調べる時間はそこそこに実店舗に買いに行ったほうが早いと判断しました。

 

 

ランニングシューズを買うために僕が今回調べて、買う前に知識として仕入れたのは、

 

  1. 靴のクッショ性と重量はトレードオフ
  2. メーカーによって特徴が異なる
  3. ためし履きの前に脚の縦横サイズを実測しておく
  4. 何がいいかは人による

 

結局4番に尽きるし、クッション性とか軽いほうがいいのか重いほうがいいのかはよくわかりませんでした。

 

 

今回調べるのに要した時間は30分です。

 

 

短い!!!と思いますよね。

 

 

靴に関してはいくら調べて色々なことがわかっても自分にベストな靴は履かなければわかりません。

 

 

なので僕は気軽に試し履きができる、在庫も平積みにしてあって勝手にはいていいシステム(店員にサイズを伝えてもってきてもらわなくて良い)の靴屋に行きました。

 

 

最初からベストな一足をもとめて専門店に行き、足の型をしっかりと取ってもらい充分に店員さんとコミュニケーションを取りながら靴を買うというスタイルも有りだと思います。

 

 

専門店に行って足型を取ってコミュニケーションを店員さんと取りながら靴を購入したランマニアの方のブログなどもあるので参考になると思います。

 

実際に履いた感覚を重視した

 

前置きが長くなりましたが、僕が買ったのはこれです。

 

f:id:yamakraffty:20160726165516j:plain

 

ニューバランス ランニングシューズ MVBREATHEというモデルです。

 

 

購入した理由は安かったことと、店内であるいた感じ最も違和感がなかったから

 

 

この違和感には重要な意味があります。

 

 

どのような違和感を感じたのかというと、ランニングシューズはつま先がやや上に反りあがった形をしていて、前傾姿勢を取りやすいようになっているそうです。

 

 

しかし、僕にはこのつま先が上がり過ぎているタイプの靴はどうしても馴染めませんでした。

 

 

このタイプの靴を履いて店内を走るわけにはいかないので、軽く歩く程度しか試せないので仕方ないんですが、靴が地面に接している部分が少ないのでとても歩きづらい。

 

 

僕はランニングシューズを買いに行きましたが、走るだけでなく歩いたり、雨の日は走るかわりにマンションの階段を上がり下りしたりするので、接地感に違和感を感じるランニングシューズはNG。

 

 

ランニングシューズの中では歩きやすく、つま先の反りがあまり無いタイプを選んだら、ニューバランスになったという感じです。

 

 

f:id:yamakraffty:20160726173623j:plain

 

手前は普段履きに使っているニューバランス996です、わかりづらいかもしれませんが996とくらべて奥のランニングシューズのつま先は結構上がっていますよね。

 

僕の履いた感じでは購入したニューバランスはつま先の反りが殆ど感じないので、ラン以外にも使えると思ってこれにしました。

 

 

試したのはNIKE,ニューバランス、アディダス、サッカニー。

 

 

アシックスやランバードも試したかったのですが、僕が行った店には合うサイズがなかった。

 

サッカニーは僕が履いた靴は一番ホールド力があってかなり迷いました(値段も安いし)が、僕が選んだニューバランスは通気性とかも良さそうだったのでこれにしました。

 

大切なことは靴を選ぶことではなく走ること

f:id:yamakraffty:20160726180030j:plain

 

ランニングをはじめようと思ったときに、道具をきっちりと揃えたいのか、とりあえず手頃な値段で抑えたいのかは人によりますし、どちらの選び方が正しいとかはないと思います。

 

 

大事なことは、買った靴を履いて”走る”ことを習慣化することです。

 

 

実際に靴を買いに行くとたくさんあるランニングシューズの中から自分にあったベストな一足を選ぶなんてことは事実上不可能です。

 

 

すべての靴を履いて比較することはできません。

 

 

また、ためし履きをしてもたいていの店では店内を走り回ることはできないでしょう。

 

ランニングシューズなんですから、実際に走ってみなければ本当の履き心地はわからないのである程度”当てずっぽう”でこれにしようという思い切りが必要です。

 

 

自分の感覚に頼らずプロに任せて選んでもらうというのも決め方の一つですよね。

 

 

僕達の脳は混乱すると常にNOというという言葉がありますが、たくさんの選択肢があると結局決められずに買わずに帰るという選択肢を選んでしまいがち。

 

 

僕はそうならないためにも自分がどんなシーンで履く靴が必要なのかを整理しておきました。

 

 

・あまり長い時間は走らない

・靴にかっこよさは今回は求めない

・シューズは安いに越したことはない

・歩く時間と走る時間は同じぐらい 

 

 

最大のポイントは今後もたくさんの距離を走るということはないので、ランニング専用の靴というよりはトレーニング全般に使う靴が欲しかったので、ランに特化したつま先が反りすぎている(と僕には感じられる)靴ではなく、以前履いていた「NIKE FREE」に感覚的に近い靴を今回も選びました。

 

 

長くなって敷いまいましたのでこの記事のポイントを整理します。

 

 

一番大事なことは靴を買って実際に走ることです。

 

 

ですので、靴を買いに行ったけど何を買っていいかわからずに買うのを辞めた、という結果に終わるのだけは避けましょう。

 

 

ランニング経験者が自分にあった靴を買いにいってないから止めたのなら、いい靴が見つかるまで探し続ければよいですが、僕のように靴が壊れて新しいのを買いに行った場合や、これからランなどのトレーニングを始めるために靴が必要になった人は絶対に買いに行ったらその日の内に買って、すぐに履いてランを始めましょう。

 

 

トレーニングを始めるきっかけであるモチベーションが高い内に始めないと、どんどんモチベが落ちてトレーニング自体を始めるきっかけを失います。

 

 

靴を買いに行くさいは、実際に履いた感覚を重要視するのはよいですが、あくまでも感覚なので、感覚を絶対視するのはやめましょう。

 

感覚に違いを感じられなかったり、何が良いのかわからないなど何らかの理由で迷った場合に、参照にする絶対的な基準を用意しておきましょう。

 

例えば

 

  • 足のサイズを実測してピッタリの靴を選ぶ
  • 金額の上限を決めて予算内の靴を選ぶ
  • ラン専用など、どのようなシーンで使うかの限定
  • ぶっちゃけ見た目できめる

 

金額やサイズなど数字で決めるか、自分のトレーニング内容に合わせるのかを決めておけば迷ったときの決め手になるはずです。

モチベーションが落ちた時におすすめビフォー・アフターを見る

f:id:yamakraffty:20160720183857j:plain

 

 

トレーニングをやりたくないという日はどうすればよいのか?

 

 

 

そういう日はやらなくてもいい、ただしそれはある程度トレーニングの習慣ができている人に限る。

 

 

特にトレーニングを始めたばかりでモチベーション高まってトレーニングを始めたけど、モチベーションが尽きてトレーニングをしたくない時には「明日やろう」と投げ出さずに、当初に立てた予定通りに実行するべきだ。

 

 

筋トレによる利益(体型が変わる、誰かに痩せたと褒められる、自分に自身がつく、体力がついた等)を得る前にトレーニングに疑問を持つと、トレーニングは時間の無駄=損失と考えてしまい、人間は損失を回避する傾向があるのでそこで止めてしまう。

 

 

頑張って3週間ほどトレーニングを続けて何らかの変化が起きれば、今度は逆に目の前にある利益を人は逃したくないので トレーニングを継続できる。

 

 

要は考え方を変えるスイッチを押す方法さえ知っておけば、トレーニングをやりたくない日でも、さほど苦労せずにいつものルーティンをこなすことができる。

 

 

トレーニングのルーティンを確立している人は、僕の意見を聞かずとも良い何らかの方法を持っているだろうが、問題はトレーニングに取り組み始めたばかりの人だ。

 

 

モチベーションに頼っていてはモチベーションはいつか尽きてしまう。

 

 

尽きてしまうが、モチベーションは充電できる。

 

 

今回はそんなモチベ充電にこんな方法はどうでしょうという記事である。

 

“モチベーションが落ちた時におすすめビフォー・アフターを見る” の続きを読む

最近のトレーニング内容 2016年5月以降~

 

f:id:yamakraffty:20160715140017j:plain

 

5月以降にトレーニング内容を見直しました。

 

大きく変更したのは以下の3点です。

 

 

  1. トレーニングをより細かく部位別に分けた
  2. トレーニング時間を短くする
  3. 体脂肪率を少しさげるため食事変更

 

 

1.部位別トレーニング

 

僕の当初の目的は腹筋を割ることでした。

 

だから最初は腹筋ばかりやっていたのが、それでは効率が悪いと知ってからスクワットや体幹に加えて懸垂やバンピージャンプなども取り入れたりしていました。

 

僕は自重トレーニングをしていて、懸垂の鉄棒以外は器具を全く使っていないので、毎日毎日同じことの繰り返しのようで正直飽きてきたので、内容を見なおして効率をあげること、負荷を増やして回数を減らすことで時間を減らすためにYOUTUBEで筋トレ動画を見て勉強することにしました。

 

そこで衝撃的なコメントに出会ったのです。

 

 

多分ボディビルというよりも「ベストボディ・ジャパン」のような一般的なかっこよさを目指していると思われる逆三角形の見事な筋肉を持った方の動画に、

 

 

「腹筋のトレーニングはあまりしない、他のトレーニングで自然と鍛えれるから(もちろん腹筋を鍛えることは重要だけど)」という趣旨の発言があったのです。

 

それを見てから、他の人の動画なども参考にしてトレーニング内容を見なおし、どうやら達人は腕なら腕の日、足なら脚という感じに部位別のトレーニングをしているので、僕もトレーニング内容を3つのグループに分けて週2回、合計週6回は変えず内容を見直しました。

 

 

パターン1.脚と胸

 

これはスクワットをメインにしますが、週2回になったので負荷を強くすることを意識して片足スクワットをフルでしっかりと地面すれすれまやることを目標にしていますが、現在は10回かける2セットが限界です。

 

それに加えてクローズドスクワットもやっています。

 

さらに椅子に脚をのせて行う腕立て伏せもこの日に10回×3セット行います。

 

2.背中+腕

 

 

これは懸垂をメインにしていますが、家の中でもやれることはないかな~とさがしていたら椅子を使ったトレーニングを発見しました。

 

インバーテッドロウという種目らしいのですが、これを10回×2

そとの公園にいって鉄棒で懸垂10回×2

 

さらに公園のベンチをつかってリバースプッシュアップを10回×3

 

3.体幹+腹筋

 

体幹はいつものプランクにダイアゴナルをプラス。

 

サイドブリッジは従来の片足で行い、もう一方の脚を90度に曲げることにくわえて、脚を回転させる運動をプラス。

 

 

腹筋はジャックナイフ(Vの字に曲げる腹筋)に変更。

 

 体脂肪率を少しさげるため食事変更

f:id:yamakraffty:20160715190820j:plain

 

僕はダイエット目的でトレーニングをしていないので、食事について意識していることはタイミングと食事の内容のみで特に徹底していることはない。

 

他の記事に書いたことだが、トレーニング後にしっかりと栄養を補給することを意識しているぐらい。

 

プロテインなどは飲んでいないし、サプリも飲んだことがなかったのだが、実はハワイに行った時に少し買ってきた。

 

週末はお昼を食べないので、トレーニング後はゆで卵やヨーグルトなどを食べていたのだが、プロテインバーというチョコバーをハワイで買ってきたので、週末だけ食べている。

 

サプリはビタミンCとフィッシュオイル、グルタミンとマカを飲んでいる。

 

 

筋トレ用として一つだけ買ったのがBCAAというアミノ酸を試しに買ってみた。

 

買った理由は疲労度の軽減とトレーニングへの集中力が変わるらしいことと、アミノ酸なので健康目的のサプリとして服用しても問題ないかなと。

 

 

トレーニングの30分前に飲んでいるんですが、特に味がついていないパウダーのBCAAなので、なんていうか粉っぽくて正直めちゃくちゃまずいので挫けそうです。

 

 

ウォーターメロン味にしておけばよかった・・・。

 

 

サプリの効果はまだ飲み始めて1月ぐらいしかたっていないのであまり感じませんが、もう少し様子をみて継続するのかを決めたいと思います。

 

 

筋トレの動画を見ていて改めて気がついたことがあるのですが、それは「腹筋は痩せれば自然に割れる」という事実です。

 

 

トレーニングをしつつ体脂肪を低く抑えることで腹筋が強調される体型になるということだと理解しているのですが、腹筋のためだけでは無いのですが夜の食事の量をかなり絞りました。

 

 

そのきっかけは「シリコンバレー式ダイエット」の本を読んだからです。

 

f:id:yamakraffty:20160715140152j:plain

 

なぜ今更シリコンバレー式ダイエットの本なのかというと、話題になってからすぐに図書館で予約をしたら100件以上の予約がすでに入っていて、先日ようやく僕の順番が回ってきたからです。

 

完全無欠食を推奨する本ですが、完全無欠食って何と人から聞かれたら「プチ断食」と答えます。

 

1日の食事時間を8時間ぐらいに絞り、必要な栄養素以外を徹底的に排除するために身体にとって本当に必要で無理せず美味しく食べることのできる食事を著者が自分の身体で試した本なので非常に説得力があります。

 

 

シリコンバレー式ダイエットのプチ断食は夜から翌日の昼にかけての16~18時間。

 

朝は空腹による集中力の欠如やイライラを解消するために、2種類の栄養素を取り込むために有名な「バターコーヒー」を飲みます。

 

 

バターコーヒーは良質なバターを入れるという単純なものではないので却下。

 

 

僕が取り入れたのは夜の食事を軽くして、翌日朝の食事までをプチ断食時間にする。

 

 

夕飯はオーガーニックのクッキーやシリアルバーとおかずのあまりをほんの少したべるだけ、断食の時間は大体12時間前後になります。

 

 

さらにシリコンバレー式の睡眠法である、早く寝るか遅く寝るなら11時から2時までは寝ないというのを実践し、寝るのは2時過ぎにしました。

 

 

夕飯を食べてから6時間以上は起きていることになりますが、お腹がすいて眠れないこともないですし、食べ足りないと思うこともないですし、翌朝の気分が悪いこともないので、ぼくにとっては朝を少量にするよりは向いていると判断しました。

 

 

こちらも一月ほど実践していて、体重は2kgほど落ちて体脂肪は15%前後です。

 

 

身長は173cmです。

 

 

確かに体脂肪が落ちてくると腹筋の割れ具合はよりくっきりとしてきますね。

 

 

 シリコンバレー式の食事はグラスフェッドで飼育された牛肉などためしてみたいことはたくさんあるので、徐々に実践していきたいと思います。

 

バターコーヒーは、ブレンダーがないとできないのと、朝飲むことに意味があるので、現在の夜を少なくするというパターンが崩壊してしまうので悩んでます。

 

 

カビ毒の少ない豆を探すことも重要になってきますが、毎日飲んでいるコーヒーなのでこだわることは全然問題ないんですけどね。